ピーマンの桜エビ炒め

ピーマンの桜エビ炒め

今が旬のピーマン。ピーマンの語源はフランス語の「ピマン」とうがらしという意味です。ビタミンCたっぷりの食材です。生で食べるのが理想です。
人数: 2 人前
執筆者: 浅野優子@蔵クッキング

材料

  • 4 ピーマン
  • 5 g 桜エビ
  • 小さじ1 塩レモン
  • 大さじ1 ゴマ油
  • たっぷり 愛情

作り方

  • ピーマンは細切りにする
  • フライパンに油をひかずに桜エビを煎る
  • 桜エビをフライパンから取り出す。
  • 3のフライパンにごま油を入れ1を炒める
  • ピーマンに火が通ったら塩レモン・愛情を加える。
  • 最後に3を5に加え、さっと混ぜる。

浅野優子からのひとこと

今が旬のピーマン。ピーマンの語源はフランス語の「ピマン」とうがらしという意味です。ビタミンCたっぷりの食材です。生で食べるのが理想です。
©2017浅野優子

カテゴリー:レシピ / / 野菜 タグ: /