緑豆のぜんざい

緑豆のぜんざい

緑豆は韓国最古の料理本にも出てくる食材の一つです。食物繊維が豊富で高タンパクなエネルギー源になります。カルシウム・カリウム・その他のミネラルによりデトックス効果大。老廃物を流してくれるのでむくみの解消・夏バテに効果があります。内臓を冷やしてくれる効果もあるので、暑い日には体を冷やしてくれるいいおやつです。
人数: 5 人前
執筆者: 浅野優子@蔵クッキング

材料

  • 1/2 カップ 緑豆
  • 300 cc
  • ひとつまみ
  • 300 cc 氷水
  • 1 カップ オリゴ糖
  • 50 g 片栗粉
  • 大さじ1 抹茶
  • 50 g 砂糖
  • 250 cc 熱湯
  • たっぷり 愛情

作り方

  • 緑豆はよく洗い水を加えて圧力鍋で煮る(沸騰したら10分弱火、圧力が下がるまでそのままおく)
  • 1のふたをあけ、ボールに移す。塩を溶かしてから氷水・オリゴ糖を加え、冷蔵庫で冷やす。
  • 片栗粉、抹茶、砂糖をよく混ぜる。だまがなくなったら熱湯を注ぎよく混ぜる
  • 3を耐熱容器に入れ電子レンジにかける(700w1分×4)一回一回よく混ぜ状態を見る
  • 4が完全に火が通りモチモチになったらスプーンで一口大に丸め氷水にとり、冷えたら冷蔵庫に入れておく
  • 器に2を注ぎ、水気を切った5・愛情を加える 

浅野優子からのひとこと

緑豆は韓国最古の料理本にも出てくる食材の一つです。食物繊維が豊富で高タンパクなエネルギー源になります。カルシウム・カリウム・その他のミネラルによりデトックス効果大。老廃物を流してくれるのでむくみの解消・夏バテに効果があります。内臓を冷やしてくれる効果もあるので、暑い日には体を冷やしてくれるいいおやつです。
©2015浅野優子