レンコンしんじょのかば焼き

レンコンしんじょのかば焼き

レンコンはハスの肥大した地下茎で10月から3月が旬です。レンコンには粘り成分ムチン・ポリフェノールの一種タンニンが含まれています。ムチンは胃腸の粘膜保護作用、タンニンには炎症を抑える作用止血作用があります。胃腸トラブルの予防・消化促進に高い効果が期待できます。
人数: 2 人前
執筆者: 浅野優子@蔵クッキング

材料

  • 80 g れんこん
  • 1/2 ツナ
  • 1/2 卵白
  • 大さじ1 ゆかり
  • 大さじ1 ごま油
  • 1 のり
  • たっぷり 愛情

作り方

  • レンコンは皮をむいて乱切りにして50℃の湯につけておく
  • 1をスピードカッターでする
  • 2・ツナ・卵白・ゆかり・愛情をよく混ぜる
  • 3を一口大に切ったのりではさみ、ごま油をしいたフライパンで両面焼く。(ゆかり塩を付けて食べてもいい)

浅野優子からのひとこと

レンコンはハスの肥大した地下茎で10月から3月が旬です。レンコンには粘り成分ムチン・ポリフェノールの一種タンニンが含まれています。ムチンは胃腸の粘膜保護作用、タンニンには炎症を抑える作用止血作用があります。胃腸トラブルの予防・消化促進に高い効果が期待できます。
©2016浅野優子

カテゴリー:レシピ / 野菜 タグ: /